「意識する」は課題に対して対策にならない

スポンサーリンク

2018年も半分が過ぎました。結構衝撃的です。

今年は、自分の中で大事な年だと位置付けていることもあって、改めて目標を見直し、半年後、そして今月(7月)で何ができていないといけないのかを洗い出しました。

目標というより、自分の課題克服に近いものもありますが、なかなかのチャレンジ目標なので、しっかり自分自身をコーチング・マネジメントして、達成まで行きたいと思います。

「意識する」は対策にならない

こうした、何らかの課題の克服を目標にすることって、僕でなくてもあると思います。

ただ、これに対して「意識する」というのは、僕は「対策になっていない」と考えています。

とはいえ、以前、僕もよくやってました。

ですが、これは経験的に言えることですが、全く効果がない対策です。

変えているように感じるかもしれないですが、「意識する」というのは、やっぱり忘れてしまうんですよね。

なので、その「忘れる」ことを防ぐための行動や仕組みを用意する必要があります。

対策のたて方

ではどうするのかというと、具体的に、何らかの行動を変える必要があるのです。

仮に、「意識する」というのが大事なのだとしたら、「意識するために何らかの仕組みなり行動なりを行う」のです。

例えば、

・定期の時間でリマインダーが飛ぶように設定する

とかです。

これであれば、意識をするために仕組みが変わっているので忘れにくく、「意識する」という行動を取りやすくなりますよね。

目標に対する本気度がベース

先日も書いたのですが、これだけやっても、人には現状維持メカニズムがあるので、行動そのものが忘れられてしまったり、リマインドをしたとしてもサボったりする気持ちが出てきます。

ここからは、やっぱり気持ちになるし、目標に対する本気度が問われることになりますね。

その本気度を保ち、行動を積み重ねるためには、なるべく小さい行動を積み上げるようにしたり、やっぱり何からの行動や仕組みに落っことしたりするなど、工夫は必要かもしれないですね。

なかなか一人でやるのは大変ですが、それでも「達成したいんだよな?」という問いを自分にかけ続け、マネジメントすることが目標への最短ルートになるんじゃないかと思ったりします。

同じ失敗を繰り返す人の特徴

いつまでも同じ失敗を繰り返してしまったり、目標がなかなか達成できない人と話をしてみると、得てして対策がこの「意識する」系であることが多いのが特徴的です。

意識はしているのかもしれないですが、行動に落ちてないので、あんまり意味がない。

だから、多分仕事での評価もなかなか上がらないし、伸び悩むことも増えるんじゃないかと思います。

もし、自分はなかなか成長できていないな…と感じることがあるのでしたら、自分の対策は具体的な行動を伴う形になっているのか、今一度見直してみることをお勧めします。

今日の学び

意識する、は対策にならない。

行動を変えるか仕組みを構築するか、具体的な形にすることが必要。

 

シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

TCS認定コーチ 某コンサル会社に勤務する傍ら、思考を言語化することで、夢や目標の発見から達成までをコーチングを用いて支援している。 自身も鍛錬をするべく、プリズナートレーニングを実践中。 趣味はロードバイク。2児の父でもある。