自分の中の違和感は人に伝わっている

スポンサーリンク

こんにちは、かめだです。

例えばブログを書いていて、

・あれ、ここはちょっとおかしいな
・なんかちょっと違うな…

と感じることがありませんか?

僕は、ブログでもそうなのですが、職業柄たくさんの文章を毎日書くのですが、この違和感に襲われることがしょっちゅうあります。

むしろ、襲われない日はないと言っても過言ではありません。

違和感は他人もおかしいと感じる

で、実は自分で感じたこの感覚は、人にも伝わるものなのです。

僕は、同僚に自分が書いたものを見てもらうことがあるのですが、自分が「違和感」を感じたまま出した文章は、ほぼ100%の確率で、指摘に合います。

もうね、100%です。

最初はこれを放置したまま添削に出していて、「やっぱり言われたか」ということが続いていたのですが、あるとおもったんですよね。

「あれ?この違和感、、ひょっとして人に伝わってる…?」と。

で、あえてわざと残したままやってみて確信しました。

自分が納得いってないことは人に伝わるんだ、って。

ブログだと、あまりリアクションを得られないことも多いですが、自分で「あれ、なんかちょっとおかしいな」と感じている記事は、あまり読まれなかったり、よい反応が得られないということはないでしょうか。

これはつまり、他人も、自分の違和感を感じ取っているということだと思うのです。

こうなってしまうと、伝わるものも伝わらなくなってしまいます。

違和感を捕まえるためのアクション

では、この事態を避けるためにはどうしたらよいのでしょうか。

最終的には「最適解」を見つけることが理想的ですが、その手前で違和感を捕まえることが大事だと思っています。

そのためには、2つ方法があると考えています。

1.「おかしいな」と書いておく
2.第3者に相談をする

それぞれ、説明していきますね。

1.「おかしいな」と書いておく

これはそのままの意味です。

自分が違和感を感じていることは、ノートなどに書いておくのです。

そうすれば、違和感を感じたことを忘れません。

とりあえずリリースしたとしても、後で自分で振り返ることができますよね。

人間の記憶はそこまで良いものではないので、やはり書いておくことがお勧めです。記憶力に自信があればその限りではないのですが、まあ、忘れますよねw

2.第3者に相談をする

「これは思考をあきらめてないか?」

と感じるかもしれません。

そうではないのです。これは、あらかじめ「ここが違和感あるんだけどどう思うか?」などと相談するのです。

しれっと提出して指摘を受けて「やっぱり」ではなく。

相手としても、「やっぱり」という反応があると「だったら先にそこを相談しろよめんどくさい…」と思いますからね。

で、人に相談すると、自分とは違った視点を得ることができます。

その視点が、自分の言いたかったことをまとめる手助けになるかもしれないし、そのまま「言いたいのはこういうこと?」とフィードバックを受けることもできるかもしれません。

やはり、一人より二人のほうが、色々な言葉は見つかりやすいと思います。

「逃がさない」ことが重要

最初に書いたように、自分の中の違和感は、

・何がおかしいのか
・どこに違和感を感じるのか
・どういう表現が適切か

最終的に着地できるのが理想ではあります。

ですが、そう簡単にはなかなかいきません。

なので、まずは違和感を「逃がさない」ことから始めてみてはどうでしょうか、というお話でした。

逃がしさえしなければ、そこから自分なりに問いを立てたりしながら、いつか着地に向かうはずなので。

要は、考えることをあきらめないために、違和感を感じている自分を認めるということから始めましょう、ということですね。

シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

naoto@コーチ

TCS認定コーチ 某コンサル会社に勤務する傍ら、思考を言語化することで、夢や目標の発見から達成までをコーチングを用いて支援している。 自身も鍛錬をするべく、プリズナートレーニングを実践中。 趣味はロードバイク。2児の父でもある。