できるところ・できないところ どっちが気になる?

スポンサーリンク

サッカーを巡る話題を見てもそうだし、改めて自分で読み直して見たトレーニングの振り返りなんかを見てみても、自分の傾向としては比較的「できていないこと」に目が向きがちだよな、と思います。

それがいいとか悪いとかではなくて、傾向としてそうだ、という話です。

あくまで傾向なので、当然、逆の人たちもいます。

できていることに目を向ける傾向が強い人、ですね。

反省の2方向

何かの目標達成に向けて日々なのかを積み上げていると、自ずと振り返る時間というのは出てきます

この時、反省の方向性としては、おおよそこの2種類に分かれるようです。

・できていないことに目が向く
・できていることに目が向く

もしかしたら他にもあるかもしれないのですが、便宜上2種類ってことにさせてください。

僕の場合、基本的には「できていないこと」に目が向く、ということです。

二元論ではない

ただこれ、気をつけなければいけないのが、「できている・できていない」の二元論になってしまうこと。

もっと解像度を上げて振り返って見れば、「できたこと」もあれば、「できていないこと」も当然あるわけです。

例えば、昨日のプリズナートレーニングの振り返りです。

僕は「プルアップ」に課題を抱えていて、STEO2のホリゾンタルプルが「できない」と考えています。

ですが、もっと解像度を上げて振り返ってみると、ペースが早くなっていたことに気づき、それを修正した上でトレーニングはできているわけです。

そして、浅いバージョンのプルアップのあと、実は正規版のプルアップが4セット目に5回できてます。

これ、実は先週よりも1回は多いんです。

つまり、「1回多くできた」というできたことが、僕にもやっぱりあったわけです。

トレーニングの積み上げは、かなりゆっくりだとしても、着実にあがってきている。

そこにも、やっぱり目は向けたい。

人を見る目にも反映される

また、やりすぎると他人を見る時にも「できない所ばっかり」が目についてしまったりするんですよね。

また逆に、いいところばっかりみていても、成長のためのフィードバックができなかったりもする。

なので、解像度を上げて物事を見ることによって、バランスよく反省をしたり、成長を促したりしたい。

いいところばっかりみていては、成長が止まりますし、ダメなところばかりみていては、いつか気持ちが萎えてしまう。

自信を失わないことは前提にした上で、普段自分のできていることばかりに目がいく人は、反省点をみてみても良いでしょうし、逆に、僕のように何かと悪いところをみてしまいがちな人は、1mmでも成長したところをみてみても良いと思います。

自惚れる、とかではなくて、心のバランスを保つためにも。

今日の学び

今日、自分にできたことは何だろうか?という問いを投げかけ、答えをノートに書く

シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

naoto@コーチ

TCS認定コーチ 某コンサル会社に勤務する傍ら、思考を言語化することで、夢や目標の発見から達成までをコーチングを用いて支援している。 自身も鍛錬をするべく、プリズナートレーニングを実践中。 趣味はロードバイク。2児の父でもある。